忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ > ダンスあれこれ話

「ダンサー的、裸足で踊るための足裏対策&冷え予防」




4月、、、暖かくなってきました、、、でも、朝夕、まだまだ寒いときも、、、




私は体を冷やさないように、っていうことは、自他共に厳しくしてます。

寒くなると、筋肉が萎縮して、思い通りのパフォーマンスが出来ませんし、
大きく動けなくなるし、怪我をしやすくなるし、、、


夏でも、クーラーは必要最小限にしています、、、なので、生徒さんの苦情も多く(笑)。


冬は冬で、暖房をつけたりして、まずは体を冷やさないように注意しています。



ですが、生徒さんの中には、踊ることには一生懸命でも、
体を冷やさないようにするための冷え対策は、雑な人も多いですよね。




って、寒くなる冬、、、私は、体の中の、ある部分を特に冷やさないように意識してます。



それはどこか、、、




ずばり、、、




『首』




です。





といっても、ただの“首(くび)”ではありません。


体の中の“首”がつく箇所です。



そう、、、つまりは、、、首、手首、足首です。

この首というところは、動脈や静脈などの血管が流れており、
外気にさらされやすく、体の温度に大きな影響を与えるんですよね。


首といえば、真っ先に思いつくのが、マフラーですが、、、

面倒くさがり屋の私、、、



そんな私が好きなのが、、、









そう、、、ネックウォーマーなんです。


もちろん、マフラーもしてますけれど、、、


マフラーって、巻くのが面倒で、意外とモサモサするし、、、


ネックウォーマーだと、スルッとかぶるだけですし、、、

一昔前は、スキー場ぐらいでしか見られませんでしたけど、
最近は、こういうのを普段使いでもしている人、多くなってきましたね。


しかも、オシャレでしょ、、、これ。


うんうん、、、めざせオシャレ男子(笑)。




しかも、マフラーと違って、首全部が包まれているので、ズバリ暖かい。

ダンサーは体を冷やしちゃいけません、、、首も冷やしちゃいけません。



・・・って、写真は私じゃないですよ、オホホ(笑)。





そして、手首、、、

これは、もう手袋ですよね。


最近は、スマホも使える手袋あって、便利ですよね。






これは良いねぇ!!







そして、、、最後の首、、、足首!


バレエダンサーとかは意外とつけているんですが、
ジャズダンサーやヒップホップダンサーって、これをつけている人が少ないんです。


それが、、、








そう、、、レッグカバーこと、レッグウォーマー。

バレリーナって、よくつけてますよね。


これ、暖かくて良いんですよ、足首が冷えなくて。

足首って、冷えると、プリエとかの動きが鈍くなって、踊りに悪影響が出てきます。
ウォーミングアップには、是非つけると良いですよ。

ダンサーには大切なダンスグッズですね。

今はいろんなタイプのレッグウォーマーが出てますから、
オシャレ男子、オシャレ女子も、自分らしいものを探せますよ~!





そして、最後に、、、足裏対策!


踊る際の肝心の足裏対策!



って、寒い冬になると、スロージャズやコンテンポラリーダンスなど、、、
ハダシ、、、裸足で踊ると、結構、足へのダメージも大きくなりがちですよねぇ。


最近は、これを使っているダンサー多いですよね。








コンテンポラリーダンスだけでなく、JAZZでも、スローとかリリカルジャズとか、、、
爪先を意識した踊りのときには裸足が多いですからね。

ですが、ハダシって、意外と、足裏へのダメージ大きいんですよね。


作品によっては、裸足で踊らなくてはいけない作品があったりします。

なので、バレエシューズとかもはけないし、、、
肌色にシューズを塗ったとしても、近くの客席から見ると、ばれますし、、、

ですが、このスキンシューズだと、指がそのまま出ているので、
裸足に見えるし、かつ足裏対策にもなりますからね。


足裏が弱い方には、これはオススメですね。




ですが、寒いと、手も足も乾燥してアカギレになったり、、、


さらに、そんななか、裸足で踊っていると、足裏へのダメージも大きくて、
すりむいたり、怪我したり、、、

それとか、角質化しちゃった足の裏が、ヒビ割れたりして、、、超痛い!!



そんなときには、こういうの良いみたいですね。


結構、重宝します。










今は、良いのが出てますね。

これは予防にもなるし、治療にもなるし、、、

足裏のケアって、意外と忘れられがちですからねぇ、、、




寒い冬の冷え対策、、、アンド足裏対策、、、ダンサーには必須ですね。




あなたも、お大事に!





  ダンスを裸足で踊るための足裏対策&冷え予防
  ダンサーは寒い冬、体を冷やすのは厳禁です!
  ダンサーのため冷え予防対策は?! アンド裸足で踊るためのお勧めの方法は?!

 ↑新しい季節、こういう対策も怠らずに!







拍手[3回]

PR

 「ダンサー的、風邪予防、インフルエンザ対策!「レッスン前後の○○○」」



「ヘックション!!」





冬、、、



ダンサーにとって、体調管理はとても大切です。



風邪にせよ、インフルエンザにせよ、、、引かないのが一番です。



では、JAZZ-Oがオススメする、予防対策は?!





この方法は、まさに、ダンサー的です!!



それが、、、





それが、、、







レッスン前後の手洗い








「なんだ、そんなことかいな?!」



って?!




でも、スタジオでも、生徒さんを見ていると、意外とやっていないですね、手洗い。



親御さんでも、ジュニアの子供達には、こう言っているはずです。


「うちに帰ったら、手洗い、うがい!」




ですが、ダンサー目線で見ると、家に帰ってからでは遅いし、、、
“家に帰ったら”的な観点が、ダンサーっぽくないので(笑)。



だからこその、、、“レッスン前後”の手洗い。



大事なのは、レッスン前後、、、

レッスン前も、そして、当然、レッスン後も、手洗いなんです。




もちろん、私は、家に帰ったら、手洗いもうがいもしますけれど、
レッスン前後にも、きちんと手を洗います。



やっぱり、風邪菌にせよ、インフルエンザ菌にせよ、、、

感染経路で、一番多いといわれているのが、手からの感染という説があります。


もちろん、空気感染で、直接という場合もあるようですが、
実際のところ、菌に汚染されているものを手で触ったりして、、、

その汚れた手で、目や口や鼻を触って、その粘膜から感染するケースが多いそうです。


だからこその、、、手洗い、、、



そして、ダンサーだからこその、、、“レッスン”、、、



そして、ダンサーだからこその、、、“レッスン前後”(2回目(笑))!





最近のダンスの振付は、ヒップホップにしても、ジャズダンスにしても、
口に手を当てる振りが多かったりします。

すると、レッスン後の手洗いだけでは、ダメですよね。


レッスン前にも手を洗っておかないと、口に手を当てる振付なんて、
菌に汚染された手では出来ません!!(笑)





ねっ、シンプルでしょ。



いかがですか、、、是非、あなたも試してみてくださいね!!






ちなみに、普段の体調管理的には、、、


私はコレを飲んでます。












これは、運動で不足しやすいビタミンとミネラルなどを
理想のバランスで補給するタブレットなんです。


これはタブレットタイプなので、飲みやすいし、吸収も良い感じです。




とはいえ、、、

サプリメントは、スタミナドリンクや、魔法の粉でもないので、
飲んだからといって、風邪を引かないわけじゃありません。

↑ここ大切!




風邪など、ひかれませんように!!




  ダンサー的、風邪予防、インフルエンザ対策!「レッスン前後の○○○」
  舞台人は、風邪やインフルエンザは大敵!
  ジャズオのお勧めのダンサーのための予防対策は?!


↑ようやく落ち着いてきた感のあるインフルエンザですが、まだまだ油断できません!

 お気をつけて!







拍手[3回]

PAGE TOP