忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ > オススメブック

閻魔の世直し


読書の秋、運動の秋、ダンスの秋、、、で、やっぱり読書の秋。


私は、こうみえて、運動よりも読書が好きです(笑)。

よくアウトドア派に思われますが、とってもインドア派です(笑)。

一日中、いや一週間家にいなさいと言われれば、全然大丈夫です(笑)。



というわけで、このスマホがあふれかえった現代の情報化社会、、、

それに相反するような江戸時代のお話はいかが。






【内容情報】(出版社より)
周囲から「善人長屋」と呼ばれる千七長屋。差配も店子も表向きは堅気のお人好し揃いだが、実は裏稼業を営む悪党だらけ。ある日、「閻魔組」と名乗る三人組によって裏社会の頭衆が次々に襲われ、惨殺される事件が発生する。天誅を気取る「閻魔組」の暗躍は、他人事として見過ごせない。長屋を探る同心の目を潜り、裏稼業の技を尽くした探索は奴らの正体を暴けるか。人情溢れる時代小説。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
周囲から「善人長屋」と呼ばれる千七長屋。差配も店子も表向きは堅気のお人好し揃いだが、実は裏稼業を営む悪党だらけ。ある日、「閻魔組」と名乗る三人組によって裏社会の頭衆が次々に襲われ、惨殺される事件が発生する。天誅を気取る「閻魔組」の暗躍は、他人事として見過ごせない。長屋を探る同心の目を潜り、裏稼業の技を尽くした探索は奴らの正体を暴けるか。人情溢れる時代小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西條奈加(サイジョウナカ)
1964(昭和39)年北海道生れ。都内英語専門学校卒業。2005(平成17)年、『金春屋ゴメス』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞。’12年『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、’15年『まるまるの毯』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






昔って、当たり前ですけど、スマホとかテレビとか無いし、、、

でも、人間自体は今とは変わらない暖かさがある、、、そんなことをあらためて感じられる時代小説です。


うんうん、やっぱり、こういう時代の人情話もいいねぇ。









拍手[2回]

PR

心身ともに疲れた体に効く一冊

読書の秋、、、



いや、その前に、日々の疲れに、何だか疲れ気味のアナタ、、、






ジャズオの私にではなく、、、(笑)




動物に、、、


癒されたいアナタに、、、




【著者のコメント】
「人生は~」シリーズはお陰様でたくさんの読者の方に恵まれました。ありがとうございます。そして、第3弾のお話は早い段階でいただいていたのですが、この作業は予想以上に難航することになりました。最初は、「犬・猫の次はどんな動物だろう?」と考え、パンダだろうか、熊だろうか、馬だろうか……と考えてみたのですが、犬や猫の魅力を凌ぐ動物を選ぶことはできませんでした。そして議論を重ね、最終的に私たちがたどり着いたのは「ZOO(動物園)」でした。犬や猫という身近な動物ではありませんが、動物園ではたくさんの動物たちと出会うことができます。動物園は、このシリーズに新たな魅力を加えてくれると考えました。今回の「人生はZOOっと楽しい!」では、動物園で人気のある65種類の動物を厳選し、それぞれの動物にマッチした言葉と偉人のエピソードが載っています。さらに、巻末には「動物たちの紹介」を用意し、65種類の動物とその特徴を詳しく記載することで図鑑としても楽しめる工夫をしました。もちろん、一枚一枚切り取って好きな場所に貼ったり大事な人にプレゼントできるという、本シリーズならではの形式も健在です。犬版、猫版とは一味違った新しい魅力を持つ本になったと思います。ぜひお手に取ってご覧ください。
01-08:スタート
09-18:挑戦
19-25:リラックス
26-38:仕事
39-49:コミュニケーション
50-58:ポリシー
59-65:愛
巻末:動物たちの紹介



ハイ、、、この本、、、あの『夢を叶えるゾウ』の作者の方の本です。



私も、何気なく手に取って、、、何気なく、はまってしまいました。

癒されるユーモラスな動物達の写真とともに、人生の格言がコソッと、いや堂々と書かれています。

何だかコミカルですけど、、、意外と深い、、、なんて。



是非、この秋、読んでみて欲しい一冊です。










拍手[2回]

PAGE TOP