忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ

レジェンド達の引退

イチローさん、そして、上原さんが引退しました。

違うスポーツではありますが、そういう先輩達が引退するのは寂しいですよね、やっぱり。
ふたりとも、いろんな意味で、歴史を作ってきた偉人達です。

野球って、プロとして、最前線で結果を出していかなければならない職業ですよね。


もちろん、我々ダンサーもそうですけど。
ただ、引退という形は、あるような、ないような、、、少し違うかもしれませんが、、、


最前線で戦うって、結構大変です。

野球も、監督やコーチという携わり方もありますが、やはり最前線として、、、選手としてグラウンドに立つというのが華々しく見えますよね。


って、私も、バリバリのダンサーで頑張っていますが、それはそれで、もちろん時を重ねることで、ダンスへの接し方も少しずつ変わってきているのは確かです。

前は、バックダンサーとしてバリバリと、いわゆる全線で踊っていましたが、今は少しずつ、全線で踊ることよりも、振付家として、演出として携わることも多くなってきました。

確かに、バックダンサーっていうのが、ある意味、花形で最前線に見られることもあります。
しかし、、、それは、どんな形であれ、何かに携われば、そこが最前線なんですけどね。


・・・おっと、自分に重ね合わせてしまった、、、



って、ネガティブな感じを受けているわけではありませんが、やはり、上原さんも言ってましたけど、、、寂しいですよね。

そして、上原さんの今後、どうやって野球に携わられていくか、、、楽しみです。


お疲れ様でした!






拍手[1回]

PR

えんほう?!


最近、彼に、こっそり注目しています。


それが、、、


えんほう



炎鵬 晃(えんほう あきら) ※日本相撲協会


そう、最近、相撲やってますよね。

で、以前から、私が相撲好きなのは、皆さんご承知の通り、、、えっ、知らない?!(笑)


はい、相撲好きです、、、


って、格闘技が好きだからっていうのもありますが、自分の体一つで、戦う姿勢も凄いなぁって思いますし、、、体を使って戦うという意味では我々ダンサーと同じかなというのも。

そして、何より、体の使い方を見るのが好きというか、、、興味深いというか。

力士さん達の体の使い方、よく見ると凄いです。

腕や足を長く使い、相手の動きをほんろうしたり、揺さぶって、そして倒す、、、


そのためには、自分の体を最大限に活用しているのです。

重心移動や、体のさばき方、、、勉強になりますよ、マジで。


といいつつ、勉強半分、、、勝ち負け半分、、、見ていると単純に勝負に夢中になる私です(笑)。



・・・おっと脱線。



で、この炎鵬さん、、、小さいながら、その小柄さを利用して、スピードで相手のスキをついて倒すというスタイル。

昔でいうところの業師の舞の海さんみたいな。


柔よく剛を制す、、、小が大を投げる、、、みたいな、ある意味、ジャパニーズドリーム的な、、、

ついついそういうのを期待してしまうんですよね。








是非、あなたも、応援してみてはいかがですか?!














拍手[1回]

PAGE TOP