忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ > ダンスあれこれ話 > ピルエット上達法「ピルエット○ヶ条」

ピルエット上達法「ピルエット○ヶ条」





「どうすれば、ピルエットがうまく回れるようになりますか?」



ジャズのテクニカルなもののなかで、まず最初に悩むことだと思います。

「どうしたら、ピルエットができるか?」



ターンの中でコンビネーションで出てきやすいテクニックの一つですね。

ですので、最初に悩むといいながら、おそらく永遠に悩まされることです。
ずっとずっと、、、

シングル回る人、ダブル回る人、トリプル回る人、それ以上回る人、、、


・・・原因は色々あります。


----------------------------------------------------------------------
スポットがついていないとか、肩に力が入っているとか、
手の振りが良くないとか、軸足がカマ足だとか、首が曲がっているとか、
パッセが上がっていないとか、ルルベが低いとか、膝が曲がっているとか、
蹴り足が悪いとか、軸が取れていないとか、軸足に立てていないとか、

、、、練習量が足りないとか(笑)  などなど
----------------------------------------------------------------------

・・・他にもたくさんあります。


それらが、各レベル別、個人別にいろいろ組み合わさったり、、、


うーん、難しい。

じゃぁ、どうしたらいいんでしょうか?


・・・の前に。



▼「こんな風に回ろうとしていませんか?」


ピルエット回るときに、、、

 ・よし、スポットをきちんとしよう
 ・よし、肩の力を抜こう
 ・よし、手の振りを良くしよう
 ・よし、軸足をちゃんとしよう
 ・よし、首をまっすぐにしよう、、、

と思ってる、方多いと思います。


でも、、、たぶん、まわれませんよ、それじゃぁ(笑)。




人間そんなにたくさんできません、意識できません。
答えはシンプルなんですよ。


「えっ、シンプルじゃないって?」(笑)



こんなことを言われる人もいらっしゃるかもしれません。


「ピルエットには、基本があるのよ!

そう『ピルエット48ヶ条』よ!48の基本があるのよ。

 これをマスターしてちょうだい!
 そうすれば、きっと回れるようになるわよ!」


「・・・」



無理ですよ、そんなの(笑)。


って、48は言い過ぎかな(笑)
でも、『ピルエット七ヶ条』でも無理じゃないかな(笑)

そんなに、意識できないですよね。



先ほど、お話しした、肩が上がっている、パッセが低い、軸がない、、、
っていうのは、表面的なことなんです。
あとでいくらでも、なおせるし、なおすのは簡単です、マジで。


その表面的なことだけをとらえてしまうと、、、

『ピルエット何十ヶ条』ってなるんです。




大事なことは、、、


    ━━━━━━━━━━━━━━━
      回る瞬間に何を意識するか?
    ━━━━━━━━━━━━━━━


なんです。





ちなみに、わたしの場合、何を考えてるかって?


、、、で、お待たせしました。




ここで、邪道メソッドの登場です。

「ピルエット、何ヶ条?」



「七?」、、、いえいえ。



「六?」、、、ぜんぜん。



「じゃぁ、五?」、、、おほほほ。



「えっ、四?!」、、、まだまだぁ!



「さっ、三?!」、、、んにゃ。



「マジで、二?!」、、、もうひとこえ!!!



そう、、、、




    ━━━━━━━━━━
     “ピルエット一ヶ条”
    ━━━━━━━━━━


です。



たった「一ヶ条」、、、ひとつです!

なんて、邪道な!!


まず、さっきいった回れない原因、すべてわすれてください。
・・・『48ヶ条』、『七ヶ条』も忘れてね(笑)。

----------------------------------------------------------------------
スポットがついていないとか、肩に力が入っているとか、
手の振りが良くないとか、軸足がカマ足だとか、首が曲がっているとか、
パッセが上がっていないとか、ルルベが低いとか、膝が曲がっているとか、
蹴り足が悪いとか、軸が取れていないとか、軸足に立てていないとか、
----------------------------------------------------------------------

↑これらって、悪循環の結果、起こってるんです。
 そう、その根元を断つんです!


ではでは、『ピルエット上達法“ピルエット一ヶ条”』とは?




「?!」






というわけで、、、続きは、、、、


秘密でございます。



「ここまで、ひっぱっておいて、秘密かよ!!てめぇ!!」


すいません、わたしって、イヤなやつなんです(笑)。

・・・えへ。




って、ちょっと待って、ウソです、ウソです!!!!


実は、『Club JAZZ-O』の無料セミナーの七日目が、、、

『ピルエット上達法“ピルエット一ヶ条”』

なんですね。


『Club JAZZ-O』会員の方は、おわかりですよね?
そう、、、あれ、、、うんうん、あれね。

こうして、こうするだけ、、、そうそう。



「うー、、、JAZZ-Oは、ずるい!!会員だけかよ!!」


そうです、わたしは、ずるいんです、フフフ(笑)
みんなに教えないんです、エヘヘ。


って、これまた、ウソです、ウソです!!


あなたにも、お教えします、こっそり。
そうです、実は、このテクニックは、『Club JAZZ-O』 に登録して頂いた特典なんです!


って、心配しないでください。
もちろん『Club JAZZ-O』は、登録無料、購読無料、、、年会費無料ですし。


その他、登録して頂くと、サイトの更新情報や読者限定情報をいち早くお届けします!
『Club JAZZ-O』体験者の声はこちら!


よろしければ、この機会に是非ご登録くださいませ!

   →メールアドレス(登録):
   →メールアドレス(解除):

☆メルマガサンプルを見てみる! Powered by Mag2 Logo




にしても、『ピルエット上達法“ピルエット一ヶ条”』って、何でしょうね?

 ・姿勢を良くする?
 ・スポットをしっかりとる?
 ・アームスをきちんとする?
 ・パッセを高く上げる?


うーん、違いますね(笑)。

もっとシンプルです、オホホ!


・・・登録された方、『Club JAZZ-O』をお待ちくださいませ。




ピルエット上達法「ピルエット○ヶ条」


↑ベーシックなことって、不変ですよね。








拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP