忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ > 記事一覧

ダンスを踊るための足先の感覚を研ぎ澄ます方法


4月、、、こんな悩みをご紹介!





ジャズオさん、こんにちは!

私は、ジャズダンスをメインに、バレエのレッスンも基礎として、
やコンテンポラリーダンス、モダンダンスなどを踊っています。

なので、はだしで踊ることが多いのですが、もっと足の指先を意識しなさいと
先生から、毎回、注意されます。

自分では意識しているつもりなのですが、何かオススメの方法はありますか。




う~ん、よくわかります。


靴を履いているとそうでもないのですが、裸足となると、
手の指先の表情が大事なように、足の指先の形も重要になります。

特にポイントにした時の形が綺麗にとれないと、シルエットも汚くなるし、
踊りとしても洗練されたものに見えません。

さらに、足の指先で、地面をつかむ感覚がないと、しっかり立てないし、
ターンやジャンプも上手に踊れないということにもなります。


きっと、ご本人様は、バレエのレッスンも受けているので、
いろいろなことに注意されていると思います。


なので、ココは、いつもの、JAZZ-O的、、、邪道アドバイス!


って、邪道かい?!(笑)




私も、地味に実践している方法です!


これは、地味ですが、超簡単で、、、かつ効果的です。




それは、ずばり、とあるものを使うのです。




それは何か?!




そう、、、これ!!





ハイ、五本指ソックス!!




「え゛~っ!」




そこのアナタ、親父くさいとか、ジジくさいって思ったアナタ、、、

いけませんねぇ(笑)。



最近は、この5本指、アスリートにもよく使われているのですよ。


足が一本一本動くことにより、歩きやすく動きやすく疲れにくく、
パフォーマンスの向上につながるといわれています。

また、女性には、冷え性対策にもなると最近注目されているんですよ!!



そもそも、手袋って、ミトンみたいに、4本が一緒になっていると、
物をつかみづらいと思いませんか。

それと、同じです。

足先も、バラバラじゃないと、やっぱりバラバラに動きませんよね。



ですが、5本指ソックスは違います。
履くとわかるのですが、5本の指が、それぞれ活発に動かせます。

すると、指それぞれに対して、意識が行くようになります。

となると、足の裏の感覚、指先の感覚が非常に研ぎ澄まされて、
床をつかんだり、立ったり、飛んだりがやりやすくなるのです、マジで。


私も、昔は、何だかカッコ悪い感じもしていたのですが、
履いてみて、その効果に驚いています。


最近では、オシャレな靴下も出ているので、堂々とはけますよね。






「えっ、それでも、何だか抵抗がある?!」


確かに、スタジオで、靴下になるときに、周りの目が気になるっていう人も
いるかもですよね。

私も最初はそうでしたが、レッスンで履くのはちょっと抵抗があるという人は、
ずばり、家の中だけでも履いてみてください。

家に帰ってから、これに履き替えるだけでも、非常に効果ありますよ。


始めは、何だか指先がバラバラだとムズムズするような感じもありますが、
慣れると、普通の靴下では物足りなくなりますから!







是非、足先の感覚を研ぎ澄まして、、、


シルエットの綺麗なダンサーを目指してくださいね!




 ダンスを踊るための足先の感覚を研ぎ澄ます方法
  ターンやジャンプを上手に踊るためには、足の指先の感覚が重要です!
  足の指先で、地面をつかむ感覚を身につけるためのオススメダンスグッズは?!

↑こういう地道な作戦も大事ですよぉ~!











拍手[3回]

PR

体が硬いからこそ、、、

 
「体が硬いので、、、ジャズダンスとかは、ちょっと、、、」



だからヒップホップを始める、、、みたいな、、、そんな人もいたり、いなかったり、、、




でも、逆ですよ。



体が硬いからこそ、体を柔らかくしたいのであればこそ、ジャズダンスやバレエを受けるべきです、ハイ。



硬いから、そういう柔らかい動きが出来ないんで、、、って言ってたら、その動きは、きっと永遠に出来ませんから。




そんな四月です。



体の柔らかさを気にするよりも、自分がやってみたいダンスジャンルに挑戦するのがオススメです。


って、四月からダンスを始める方々には、言ってます。




あなたはいかがですか?!













拍手[2回]

PAGE TOP