忍者ブログ

JAZZ-O 日記~ジャズダンサーのひとりごと~

Home > ブログ > 記事一覧

M-1 王者!



今年もそんな季節が来ましたね。

これが来ると、まさに、年末って感じ、、、


そう、、、M-1、、、エムワンです!


地味にすんごいファンです、、、お笑いの。

かかさず録画してみてます。



というわけで、王者決まりましたね、、、録画で早速見ましたよ、全部。

いやぁ、オモシロイ!


今年の優勝は、霜降り明星さんでした。

いやぁ、あのテンションを最後まで続けるのも凄いし、、、ボケだけじゃなく、絶妙なツッコミ。

ボケの「せいや」さんのコミカルで激しい動きだけじゃなく、ツッコミの「粗品」さんの鋭くて、かつ巧妙な話術。

これは、ホント近代の漫才、、、ニューウェーブだと思います。


って、個人的には、ジャルジャルさんと、和牛さんが好きでしたねぇ。

甲乙つけがたい、、、ジャルジャルさんの一発目のネタ、「ゼンチン」、、、あれが一番好きかも(笑)。



にしても、このM-1を見ると、ホント、作品を創るということの深さと面白さと、、、そして、厳しさを痛感します。

偉そうですけど、ダンスの振付と同じかなって。

大きな構成があって、演出があって、、、そして、細かい動きがあって、、、

ただダンスが上手いだけでもダメで、曲も、構成も演出もすべてが素晴らしくないと、作品としての精度が上がらないっていうか。

漫才も同じですよね。

ボケだけでもダメ出し、もちろんツッコミも、、、当然ながら、ネタそのものの構成も良くないと作品としてはだめですよね。

審査員の方々のコメント、これもとても参考になりました。


「実力はある人達だと思います! でも、今回の作品は、、、」


「これに、さらに、もうひとつ、自分達らしい何かがあれば、なおカンペキ。」


「前半は良かった、、、後半がダレたかな、、、」 



そういうコメント、、、これって、ダンスのコンテストでも、良く聞くコメントです、ハイ。



う~ん、、、エムワン、深い。



もちろん、単純にお笑いが好きで見ているってのもありますが、、、

この一年、死ぬ気で頑張ってきた方達、、、
これが最後の挑戦になるコンビ、、、
敗者復活から勝ち残ってきた人達、、、

そんな参加した方達のドラマも、、、




このエムワンを見て、自分のダンスへの取り組みにも、あらためて気合が入ります。


去年の2017も、もう一回見てみたいなぁ。








って、、、もう一回、見ようっと(笑)。






拍手[3回]

PR

2020年? 2025年?!


盛り上がってますね、、、2020年のオリンピックすら来ていないのに、、、


はい、2025年大阪万博ですって。


って、生徒さんも、話してました、、、大阪万博に決まったことよりは、、、



「え~っ、2025年?!


 いったい、、、いくつになるんだろう、私。」



ですよねぇ(笑)。


大阪万博のことより、自分が一体、何歳になるのかが気になる~。

って、2025年まで踊っていられるのかしら、、、なんて。



といっても、あと7年、、、たかが7年か、、、されど7年か。



たった7年か、、、7年も先、、、か?!(笑)。





もちろん、私は、ずっとずっと踊っていますよ、7年後も、、、70年後も!(笑)。



70年は、、、無理か、、、いや、踊る!!!






拍手[2回]

PAGE TOP